概要

KiCad の基板エディタ Pcbnew では,デフォルトでPythonスクリプトエディタが付属していて,すでにフットプリントがオブジェクトとして定義されています.

今回は私がよく使う一括変更を紹介します.

使い方

Pcbnew の右のほうにコンソールのアイコンがあるので,そこをクリックするとエディタが立ち上がります.

Pcbnew

そこにPythonコードを書くことで,スクリプトによる一括編集をすることができます.

よく使うスクリプト

すべてのリファレンスを非表示にする

import pcbnew
board = pcbnew.GetBoard()
mods = board.GetModules()
for mod in mods:
    ref = mod.Reference()
    print ref.GetText()
    ref.SetVisible(False)

すべてのリファレンスサイズを変更する

import pcbnew
board = pcbnew.GetBoard()
mods = board.GetModules()
for mod in mods:
    ref = mod.Reference()
    print ref.GetText()
    ref.SetTextSize(pcbnew.wxSize(pcbnew.FromMM(0.8),pcbnew.FromMM(0.8)))
    ref.SetThickness(pcbnew.FromMM(0.15))

まとめ

既にPythonのオブジェクトが用意されているので,簡単に使うことができました.

私自身,まだあまり使いこなせていないので大したことはできてませんが,for文による一括編集などができるととても便利です.

リファレンスを深く読めばもっと強力なことができそうですね!

参考資料