吸引ファンで音を鳴らす

概要

マイクロマウスでは,User Interface (UI) のために,スピーカーを載せることが多いです.

しかしながら,小さなマウスを作るうえで,そのわずかなスペースでも惜しいものです.

今回は,既にマウスに乗っているモーターで音を鳴らすことができたので紹介します.

偶然ですが,KERISEv4には(ほとんど使われていない)吸引ファンがついていたので,今回はそれを使ってみました.

動画

音が小さいので,ボリュームを大きくして聞いてみてください.

動画だと音階がややわかりづらいですが,実際だとちゃんと聞こえます.

やり方

特別なことは何もしていません.

ただ,スピーカーに流していたサウンドのPWMを,モーターのピンに流しただけです.

Duty比が大きいと,ファンが回りすぎる

PWMのDuty比が大きすぎると,ファンの音がうるさいので,今回は10%程度になっています.

まとめ

実用的であるかはわかりませんが,スピーカーが載せられないような大きさのマウスを作るときは,この方法が使えるかもしれませんね!

ぜひ試してみてください!