自宅サーバーにNextcloudを導入した

こんにちは. 今回は久しぶりにサーバーの話題です.

自宅のサーバーにNextcloudを導入したので,それを紹介します.

Nextcloudとは

Nextcloud

Nextcloud

Nextcloudとは,自前のサーバーにDropboxやGoogeDriveのようなクラウドストレージを構築するためのオープンソースソフトウェアです.

Windows, IOS, Androidなどのクライアントアプリも用意されており,DropboxやGoogeDriveのような使い方ができます.

NASをクラウドストレージに

僕の家にはReadyNAS 104という,HDDを4つまで搭載できるNAS(Network Attached Storage)があります.

RAID6のダブルパリティに設定してあり,合計8TBの容量を持ちます.

このNASは基本的にLAN内からしかアクセスできないので,NextcloudによってこのNASをクラウドストレージとしました.

ReadyNAS 104

ReadyNAS 104

このようなNASがなくても,ラズパイに直接HDDを繋ぐことでストレージを確保できます.

サーバーはラズパイ3

現在,僕の自宅サーバーは,Raspberry 3 Model Bによって運用されています.このサーバーにNextcloudをインストールしました.

Raspberry 3 Model B

Raspberry 3 Model B

気を付けること

サーバーを外部に公開するときは,セキュリティ対策を万全にしましょう.

ファイアウォールの設定や,HTTPS対応をお忘れなく.

使用感

とりあえず,所望のクラウドストレージを構築することができました.

Nextcloudの設定はすべてブラウザでできるのでとても簡単です.

しかし,ラズパイでは読み込み時間がいちいち長く,少しストレスがあります.

もっと強いPCを使いたいものですが,そのときはVPSを契約すべきだと思い,当面はこのまま運用する予定です.

まとめ

今まではLAN内からしかアクセスできなかったNASが,Nextcloudの導入により,どこからでもアクセスできるようになりました.

既にサーバーをお持ちの方ならすぐに導入できると思います.ぜひ試してみてください!