CNCでM0.3のギアを作った

概要

こんにちは,ESP32と格闘していてなかなか前に進めないけりです.

今回は,自作したギアの紹介です.

マイクロマウスのハーフサイズで使用する小さなギアをCNCフライスで作ってみました.

できたもの

作ったギアのサイズは以下の通りです.今回作ったギアは,ピニオンギア,ホイール用ギア,エンコーダー用ギアの3種類です.

key value
モジュール 0.3
厚み 1mm
歯数 9, 13, 41
穴径 0.8mm, 1.5mm, 10mm

ギア

ギア

ギアの設計

今回のギアはFusion360のデフォルトで入っているアドインを使って作りました.ギアのパラメータを設定するだけで簡単に設計することができます. 詳しくはこちら

材料

今回使用した材料は,1mm厚のPOM板(ジュラコン)です.樹脂ギアと言ったらPOM一択です.

はざいやで購入しました.245mm x 245mm x 1mm のジュラコンがなんと453円です!!!

この大きさがあれば,数100枚のギアが作れます.

ジュラコン

ジュラコン

使用した機械

CNCフライス

東京工業大学ロボット技術研究会で所有しているKitMill RD420を使いました.40万円と手ごろ価格で十分な性能です.一家に一台欲しいところですね.

エンドミル

エンドミルは直径0.3mmのWXL-2D-DE-0.3を使いました.触るだけで折れそうな小ささです.

0.3mmのエンドミルならば,モジュール0.3のギアを作ることができます.

エンドミルは小さければ小さいほどいいように思えますが,小さすぎると刃長が短くなってしまい,厚い板を削れなくなってしまいます.

実際に使ってみた

実際にホイールに取り付けてみました.軸間距離のマージンがゼロなのでちょっとキツめですが,しっかりと回ります.

ホイールパーツ

ホイールパーツ

内側から見た様子

内側から見た様子

上から見た様子

上から見た様子

まとめ

M0.3のギアは買うと結構高額なので,自作できるとかなりの節約になります.CNCが近くにある方はぜひ試してみてくださいね!