IR-Stationの使い方

IR-Stationとは

自作のWiFi接続の赤外線学習リモコンです.IR-Stationを使えば,スマホやPCから家電製品をコントロールすることができます.

本体の写真

上面の4つの点が赤外線LEDです.

本体

本体

壁に取り付けた時の様子

とてもコンパクトです.

壁に取り付けた様子

壁に取り付けた様子

IR-Stationのバージョン

この記事の内容は,IR-Stationの「v1.4.0」に対応しております.ご注意ください.

2つの動作モード

WiFiステーションモード

IR-Stationを家のルーターなどに接続して,スマホやPCからはルーター経由でIR-Stationに接続するモードです.

普通はこちらのモードを使います.

WiFiアクセスポイントモード

IR-StationがWiFiのアクセスポイントになり,スマホやPCがIR-StationのWiFiに接続して使用するモードです.

このモードの場合,ルーターが不要なのでお手軽ですが,IR-StationのWiFiはインターネットに接続されていないので,スマホもインターネットにはつなぐことができないので注意が必要です.

IR-Stationのセットアップ

IR-Stationに電源を供給

電源はUSB-Micro-Bケーブルを使って,適当なUSB電源から供給します.

電源を供給

電源を供給

IR-Stationが出現

電源を供給すると,IR-Stationという名前のWiFiが出現します.
セキュリティがかかっている場合はパスワード「IR-Station」を使ってください.

SSIDを検出

SSIDを検出

自動でウィンドウが現れる

AppleのデバイスやWindowsの場合,自動でログイン画面が現れます.

自動で画面が現れない場合や,その他のデバイスを使っている場合は,適当なブラウザでhttp://192.168.4.1を開いてください.

IR-Stationに接続

IR-Stationに接続

付近のWiFiを検出

ログイン画面が現れて,しばらくすると,IR-Stationのセットアップ画面が表示されます.

IR-Stationをステーションモードで使う場合

WiFi Setup Mode内に必要事項を記入し,Confirmボタンを押します.

IR-Stationをアクセスポイントモードで使う場合

Access Point Mode内に必要事項を記入し,Access Point Modeボタンを押します.

WiFiのリストを取得

WiFiのリストを取得

接続成功画面→スクリーンショット

入力したWiFi情報が正しく,接続に成功した場合,以下のような画面になります.この画面に表示されるURLを控えておかないといけないので,この画面をスクリーンショットすることをお勧めします.

失敗した場合は前の画面に戻るので,もう一度正しく入力してください.(時々,入力したWiFi情報が正しくても接続に失敗することがあるので,その場合はもう一度試してください.)

成功

成功

上手くいくとSSIDが消える

設定が完了するとIR-StationのWiFiが消えてなくなります.

SSIDが消える

SSIDが消える

IR-Stationを使う

IPアドレスでアクセス(すべての機器で使えます)

IPアドレスでアクセス(すべての機器)

IPアドレスでアクセス(すべての機器)

mDNSホスト名でアクセス(対応機器のみ)

mDNS対応機器には,Appleデバイス,iTunesのインストールされたWindows PCなどがあります.これらのデバイスからは,IPアドレスだけでなく,わかりやすい名前のURLでアクセスすることができます.表示される画面は同じです.

mDNSホスト名でアクセス(Bonjour対応機器)

mDNSホスト名でアクセス(Bonjour対応機器)

赤外線信号を登録する

  1. 画面の下の方のRecode a Signalというボタンを押すと,メニューが現れます.
  2. 登録したいチャンネルを選び,ボタンの名前を入力します.
  3. Recodeボタンを押すと,IR-StationのLEDの色が変わります.
  4. その状態でIR-Stationにリモコンを向けて,登録したいリモコンのボタンを押してください.
  5. 登録に成功すると,IR-Stationの画面上のボタンの名前が更新されます.

赤外線信号を送る(IR-Stationをリモコンとして使う)

画面上のボタンを押すだけです.そのボタンに割り当てられた赤外線信号がIR-Stationから送られます.送信中は画面のボタンがピンクに変わります.ピンク色が元の白色に戻ったら送信完了です.

まとめ

IR-Stationは,僕ひとりでかなりの時間をかけて開発してきたものです.やっと実用できるレベルまで来ました.これからもバージョンアップを重ねて,より便利にしていきたいです.