概要

Nucleoボードとグラフィック液晶を使って,音声解析機を作りました.マイクに入ってきた音を高速フーリエ変換して,周波数スペクトルを表示します.

FFTしてLCDで表示

スペクトルグラフ

横軸は周波数です.
縦軸はdBで,データの最大値を0dBとした相対値で表示しています.

スペクトルグラフ

動画

実際に口笛を吹いてみました.動画の音声をオンにして聞いてみてください.
※動画サイズは,2.22MBです

使用部品

Nucleo STM32F401RE

かなりスペックの高いマイコンボードです.
秋月で1,500円です.
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gM-07723/

Nucleo STM32F401RE

シャープモノクロTFT液晶

400x240ピクセルの高精細液晶ディスプレイです.
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04944/

TFT-LCD

マイクアンプキット

今回は手を抜いて,秋月のお手軽キットを使用しました.
http://akizukidenshi.com/catalog/g/gK-05757/

AE-MICAMP

ソースファイル

FFT_Sampling_zip_nucleo_f401re.zip 一応載せておきますが,他人に見せるつもりで書いてなかったのでかなりひどいです.mbedで読み込めば実行できます.

FFTのプログラムはmbedにあったライブラリを使わせていただきました.
LCDの表示プログラムは自分で頑張って作りました!

まとめ

mbedを使ったら意外と簡単にできてしまいました.いい時代になったものですね~