UEFIとは

 BIOSの代わりに最近のパソコンに導入されたインターフェース。BIOS特有の制約を解消したものと言える。UEFI環境でブートするには、ディスクの先頭にUEFIシステムパティションというものを置かなければならない。

今現在できること、できないこと

できること

  • Surface Pro 3 に Ubuntu 15.10 を入れること。
  • Surface Type cover のキーボードを使うこと。
  • Surface Type cover のタッチパッドを使うこと。
  • タッチ画面を使うこと。
  • Surface Pen を使うこと。

できないこと

  • Surface Type cover のタッチパッドの2本指スクロール。
  • スリープボタン、音量ボタン
    →追記2015.11.6:linux kernel 4.3以上で対応!
  • 電力効率が悪い(Windows使用時に比べて2/3程度になる)

用意するもの

  • Surface Pro 3
  • Ubuntuインストール用のUSBメモリ(4GB以上)
  • USBハブ
  • USBキーボード(最初はSurface Type coverを認識しません)
  • USBマウス

Ubuntuインストール手順

1.インストールUSBの作成

まずは、通常通りWindowsで作業を行う。

  1. Ubuntu JapaneseよりISOイメージをダウンロードする。
  2. USBWriterなどを使って、ISOイメージをUSBメモリに焼く。

2.Windows側の設定

  • bitlockerの停止
    コントロールパネルから、bitlockerの暗号化を解除する。
  • 高速スタートアップ機能の停止
    同じくコントロールパネルから、高速スタートアップ機能を停止する。
  • 重要なファイルは必ずバックアップを取っておく

3.USBブート

※他サイトではセキュアブートを解除しろと書いてありますが、解除する必要はありません。Ubuntuはセキュアです。

  1. 電源の切れたSurfaceにUSBハブとUSBキーボードをつなぐ。
  2. Ubuntuの入ったUSBメモリを挿す。
  3. USBブートするために、ボリュームマイナスボタンを押しながら電源ボタンを押す。
  4. Surfaceロゴが現れたら、ボタンを放す。
  5. GRUB2のブートローダーが現れるので、Try Ubuntu を選択する。

4.Ubuntu用のパーティション作成

GParted

  1. Altボタンを一度押して、「GParted」アプリを起動する。
  2. 右上のメニューでUbuntuをインストールするDisk(SSD)を選択する。
  3. 一番大きいWindowsのパーティションを縮小する。
  4. 上の操作で空いた領域にまず、Ubuntuのルートディレクトリ用のパーティションを作る。大きさはswp領域のためにSurfaceのRAM+2GBくらい残しておくと良い。マウントやフォーマットはインストール時にするので、適当で良い。
  5. 残った空き領域をswp領域用にパーティションを作る。ここでも形式は何でも良い。

Point

  1. WindowsとUbuntuの領域を隣同士に設定しておくと、後で容量の変更がうまくできるのでおすすめ。
  2. SDカードにUbuntuをインストールすることもできるが、おすすめしません!!動作が遅すぎて使えたものではありません。

5.Ubuntuのインストール

パーティションが作れたら、いよいよUbuntuをインストールします。

先ほどUbuntuように作ったパーティションを編集する

  • 容量はお好きなように。(私は32000MB)
  • パーティションのタイプは、「基本パーティション」
  • パーティションの場所は、「この領域の始点」
  • 利用方法は、「ext4ジャーナリングファイルシステム」
  • マウントポイントは、「/」を書く。ルートディレクトリということ。

次に、swp領域のセットアップをする。

  • 容量はRAM+2GB程度。
  • パーティションのタイプは、「論理パーティション」
  • パーティションの場所は、「この領域の始点」
  • 利用方法は、「スワップ領域」

Windowsがインストールされているパーティション(ntfs)パーティションを編集して、パーティションのタイプを「ntfs」マウントポイントを「/windows」にしておくと、UbuntuからWindows内のファイルにアクセスできるようになる。

ブートローダーインストールデバイスは、Ubuntuのルートパーティションに設定する。

設定ができたら画面に従ってインストールする。

6.Surface Type Cover を使えるようにする

Terminal などで以下のファイルを開き下の文を最下部に追記する。

$ sudo vi /usr/share/X11/xorg.conf.d/10-evdev.conf

Section "InputClass"  
	Identifier "Surface Pro 3 cover"
	MatchIsPointer "on"
	MatchDevicePath "/dev/input/event*"
	Driver "evdev"
	Option "vendor" "045e"
	Option "product" "07dd"
	Option "IgnoreAbsoluteAxes" "True"
EndSection

「product」の”07dd”はJIS配列のキーボードの場合。US配列は”07dc”とする。

同様に次のファイルにも追記する。

$ sudo vi /usr/share/X11/xorg.conf.d/50-synaptics.conf

Section "InputClass"
    Identifier "Disable clickpad buttons on Apple touchpads"
    MatchProduct "Apple|bcm5974"
    MatchDriver "synaptics"
    Option "SoftButtonAreas" "0 0 0 0 0 0 0 0"
EndSection

再起動する。

7.センサー設定

様々なドライバをインストール

$ sudo apt-get install -y lm-sensors
$ sudo sensors-detect

これを実行するといろいろ聞かれるので、yesを打ち続ける。

Bluetoothドライバをインストール

$ git clone git://git.marvell.com/mwifiex-firmware.git
$ mkdir -p /lib/firmware/mrvl/
$ sudo cp mwifiex-firmware/mrvl/\* /lib/firmware/mrvl/

8.必要に応じてLinux-kernelをインストールする。

ここまでの操作でキーボードやタッチ画面や音量ボタンなどが正常に動くならば、kernelのインストールはいらない。

不満な点があるならば、Index of /~kernel-ppa/mainlineから最新のkernelのdebファイルをダウンロードする。 例えば、v4.3が最新なら、

v4.3-wily/linux-headers-4.3.0-040300-generic_4.3.0-040300.201511020949_amd64.deb
v4.3-wily/linux-headers-4.3.0-040300_4.3.0-040300.201511020949_all.deb
v4.3-wily/linux-image-4.3.0-040300-generic_4.3.0-040300.201511020949_amd64.deb

の3つのファイルをダウンロードする。

Terminalで、ダウンロードしたdebのあるディレクトリで $ sudo dpkg -i linux-*.deb を実行してインストールする。再起動して直っていたら完成。治らないならば、kernelのソースを入手して、パッチを当ててリビルドする必要があるが、とてもめんどくさい。公式に対応されるのを待つほうが早いかも。

困った時は?

インストール時

インストールは必ずしもうまく行くとは限りません。一度失敗しても、もう一度試すとうまく行く場合があります。

インストール後(ドライバの設定など)

何故かうまく行かない時、再起動するとうまく行くことがあります。とりあえず、再起動してみましょう。

Ubuntuの削除または再インストール

環境をいじっていたらおかしくなってしまって、Ubuntuを諦めたり、再インストールすることがある。そんなときは注意!!

Ubuntuをインストールした際に、ブートローダの優先順位がUbuntu優先になっています。

その状態でUbuntuを削除すると、UbuntuはおろかWindowsも起動しなくなります。
このような記事を参考にしましょう。

Ubuntuを削除したらWindowsが起動しなくなったときは

exfatでフォーマットしたUSBメモリに、UEFIシェルファイルを入れて、そこからブートし、ブート優先順位を変える。

UEFIシェルの入ったUSBメモリを作る

  1. 正常に動く別のPCでUEFIshellをダウンロードする。
  2. FAT32でフォーマットしたUSBメモリに、EFI/Boot/というフォルダを作る。
  3. その中に先ほどダウンロードしたUEFIシェルをBootx64.efiという名前にリネームして入れる。
  4. 終わり。

ブートの優先順位を変える

  1. Surfaceの電源が切れた状態でボリュームアップボタンを押しながら電源を入れる→UEFI設定画面が現れる。
  2. セキュアブートをdisenableにする。UEFIシェルはUbuntuと違ってセキュアブートに弾かれてしまうから。
  3. 今度は、ボリュームダウンボタンを押しながらSurfaceを起動する。するとUEFIシェルが現れる。
  4. fs1:と入力する。これで、SSDのUEFIシステムパーティションの中に入った。fs0:は今シェルを使っているUSBだと思われる。SSDの他にディスクがつながっているときは、fs1:じゃなくてfs2:とかになるかもしれない。
  5. bcfg boot dump -vと入力する。するとブートエントリが表示される。
  6. その中のUbuntuの2桁のブート優先順位の番号(おそらく01)を確認する。
  7. bcfg boot rm 01と入力すると、Ubuntu のブートエントリを削除できる。
  8. rebootで再起動する。次からはWindowsが起動するはずだ。

細部の設定

ホームディレクトリのフォルダを日本語から英語に変える

 Ubuntuを日本語でインストールすると、ホームディレクトリのフォルダ類(ドキュメントやダウンロードなど)が日本語になっている。このままだと、ターミナルでのアクセスが少し面倒である。これらを英語に変える方法がある。

$ LANG=C xdg-user-dirs-gtk-update

を実行して、現れたダイアログで「Don’t ask me again」にチェックを入れて、「Update Names」を押す。

使ってみての感想

Surface Pro 3 最高ーーー!!
Linux 最高ーーー!